Home 学部教育プロジェクト(総合政策学部) Undergraduate Studies Project (Faculty of Policy Studies) 総合政策学部授業科目「社会計画法」 (Faculty of Policy Studies) Methods of Social Planning
プロジェクトデータベース
※前ページに戻る時は、ブラウザの「←」ボタンではなく、右の「戻る」ボタンを押してください

総合政策学部授業科目「社会計画法」 (Faculty of Policy Studies) Methods of Social Planning

シラバス(講義要項)を参照(日本語のみ)

Refer to syllabus (in Japanese only)


目標水準の達成基準:

都市を中心とした環境、防災に関しての基礎的な知識を付ける事を講義の目的としている。学生は、日々回りで発生している事、日々変化している事に関し、情報を得ることが義務づけられる。新聞、ニュースのみならず、あらゆる情報を得ることを体得することが重要である。得られた情報から問題点の分析、新たに発想する力、結果、新たな提案ができる事が必要である。

The objective of these lectures is to obtain basic knowledge about the environment and disaster preparedness particularly in urban environments. Students are required to obtain information about events and changes that are occurring around them day by day. It is essential to gain information through hands-on means and not only through newspapers and other media sources, and to identify and analyze issues among the information obtained and to apply results to new ideas and proposals.

配当/対象年次:
  • 3年次
  • 4年次
対象学部:
  • 総合政策学部

コンピテンシーの定義についてはこちら
◎:主となるコンピテンシー、〇:関連するコンピテンシー

修得を目指す
コンピテンシー
レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
提案力
課題分析
情報収集力
発想する力

Powered by Sigsiu.NET