Home 学部教育プロジェクト(総合政策学部) Undergraduate Studies Project (Faculty of Policy Studies) 総合政策学部授業科目「公共選択」 (Faculty of Policy Studies) Public Choice
プロジェクトデータベース
※前ページに戻る時は、ブラウザの「←」ボタンではなく、右の「戻る」ボタンを押してください

総合政策学部授業科目「公共選択」 (Faculty of Policy Studies) Public Choice

シラバス(講義要項)を参照(日本語のみ)

Refer to syllabus (in Japanese only)


目標水準の達成基準:

民主主義社会における集合的意志決定ルールについて、あるべきルールと現実のルールの相違を把握し、現実ルールの変更を帰結主義・非帰結主義の両面から検討して代替的変更案に関して優先順位付けができるようになる。

Students are able to grasp both the ideals and the actualities of rules for collective decision-making in a democratic society, to consider changes to the actual rules from both consequentialist and non-consequentialist perspectives, and to set priorities regarding alternative proposals for change.

配当/対象年次:
  • 3年次
  • 4年次
対象学部:
  • 総合政策学部

コンピテンシーの定義についてはこちら
◎:主となるコンピテンシー、〇:関連するコンピテンシー

修得を目指す
コンピテンシー
レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
課題発見
課題分析
論理的思考

Powered by Sigsiu.NET