Home キャリア教育プロジェクト Career Studies Project 法学部授業科目「「専門総合講座A1 自治型社会の課題1・2」」 (Faculty of Law) Policy Issues toward the Self-Governing Local Society
プロジェクトデータベース
※前ページに戻る時は、ブラウザの「←」ボタンではなく、右の「戻る」ボタンを押してください

法学部授業科目「「専門総合講座A1 自治型社会の課題1・2」」 (Faculty of Law) Policy Issues toward the Self-Governing Local Society

法学部授業科目です。

地方分権社会の推進、市民活動の充実・発展を背景に、自治体及び地域社会に対して市民が新たな期待を寄せつつある現状を踏まえ、これまでの都市政策、公共政策の枠組みを分かりやすく組み替え、課題の解決に向けた市民・事業者、自治体・行政の実践すべき政策を提示します。前期は自治制度と各分野の概観を、後期は現代的課題の掘り下げを中心に講義を行います。

講義を通じて、地域に顕在化する現実の課題に関心を持ち、都市問題の発見と解決方法を主体的に考えることを目的としています。

This is an academic subject in the Faculty of Law.

In light of the current situation, in which the public is beginning to place higher expectations on municipalities and local communities amid government decentralization and the enrichment and advancement of citizen-led activities, this course breaks down the frameworks of past urban and public policy in an easily understandable manner and explores measures that the general public, businesses, municipalities and government can take in order to resolve diverse issues. During the first semester an overview of local government systems and various issues is provided, and during the second the focus is on in-depth exploration of contemporary issues.

The class aims to promote interest in the emerging realities of regional societies, and to encourage students to take the initiative in identifying urban issues and considering potential solutions.


目標水準の達成基準:

地域に顕在化している現実の問題への関心が高まり、都市問題の発見と解決方法を主体的に考えることができる。

Students develop their interest in the emerging realities and issues of regional societies, and are able to independently identify and consider solutions to urban issues.

配当/対象年次:
  • 1年次
  • 2年次
対象学部:
  • 法学部
  • 経済学部
  • 商学部
  • 理工学部
  • 文学部
  • 総合政策学部

コンピテンシーの定義についてはこちら
◎:主となるコンピテンシー、〇:関連するコンピテンシー

修得を目指す
コンピテンシー
レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
提案力
課題発見
課題分析
倫理

Powered by Sigsiu.NET